サロンへようこそ

 


会員のメリットを最大限に
日本児童文芸家協会の会員でいることのメリットとは? まず思い浮かぶのは、作家同士の「繋がり」を感じることではないでしょうか。創作の時間は孤独な分、仲間と繋がることができる「場」は貴重です。さらに、協会のさまざまな活動を通して、デビューや出版などの「機会」を得られる。これもまた、大きなメリットです。
繋がり、場、機会…。これらのメリットをもっと増やしたい。サロン委員会は、そうした発想から生まれました。
 
児文芸のサロンとは?
サロンを直訳すると「応接室」や「談話室」。児文芸のサロンは、いわゆる文学サロンの児童書版で、子どもの本と向き合う者同士の語りの場。とりわけ児童文学も価値観も多様化するいま、テーマごとに集える小さな場。
対面やオンラインで、新しい仲間や憧れの先輩と語り合ったり、画家さんや編集者さんや書店員さんを招いたり、勉強会や読書会、展覧会を開いたり。結果、出版に繋がれば喜ばしく、しかしまずは集うことに価値がある。
そうしたサロンを、サロン委員会だけでなく、会員の誰もが開くことができる仕組みをつくります。
 
まずは気軽にお申込を
さまざまなサロンを計画しています。少人数の集まりですので参加できる方が限られてしまいますが、まずは気軽にエントリーしてみてください。予告なく新しいサロンも登場しますので、ホームページのチェックもお忘れなく。
サロンを開催したいというお申込もお待ちしています。対面、オンライン、どちらもOKです。年内に、サロンを開くためのサロンも開催する予定です。
 
サロンと講座の違いは?
いわゆる一般的な講座と講評は「講座」、それ以外は「サロン」と位置づけています。
講座・講評の定義は、一方向であること。講師から受講者へ講義をする、講師が受講者に指導する場合を指します。
複数で双方向に行う合評は、サロンになります。リーダーを中心に合評をする場合もサロンとしています。
ただし堅苦しいルールはありませんので、臨機応変に対応します。
 
【サロン委員会】
山本省三理事長
委員長:光丘真理 副委員長:間部香代
深山さくら 宮下恵茉 萩原弓佳
salon.jidoubungei@gmail.com

募集前・募集中 募集終了


●004「書店員さんとの出会いサロン」オンライン
◎日 時:2022年9月30日(金)20:00〜
◎ホスト:宮下恵茉 サロン委員若干名
◎ゲスト:近日中に掲載します
◎定 員:10名/オーバーの際は抽選・調整
◎内 容:新刊が出たときのPRや、書店イベントの参加に繋がるよう、書店員さんとの出会いをサポートします。
◎参加費:事務通信費 1000円(事前振込)
◎募集期間:8月15日(月)〜8月22日(月)
◎参加条件:過去5年以内に単行本の商業出版をした会員・研究会員。且つ、書店員さんとメールアドレスの交換が可能な方(参加者同士は交換しません)。
◎事前提出:なし
◎備  考:書店員さんへの質問などをフォームの備考欄に記載


●003「リモート実作合評サロン」オンライン
◎日 時:2022年10月開催予定
◎ホスト:光丘真理(リーダー)
◎定 員:3名/オーバーの際は抽選・調整
◎内 容リモートによる少人数での合評会でデビューを応援します。事前提出の原稿を共有して、当日合評。光丘が進行役となり、アドバイスリーダーをいたします。
◎参加費:リーダーへの謝礼 3000円、事務通信費 1000円(事前振込)
◎募集期間:9月2日(金)〜9月16日(金)
◎参加条件:商業出版をしていない会員・研究会員
◎事前提出幼年から高学年向きのオリジナル作品(400字詰め換算15枚以内)
◎備  考:詳細は追って追記します


●002「中学年向け読み物プレゼンサロン」オンライン
◎日 時:2022年9月14日(水)14:00〜16:00
◎ホスト:山本省三 サロン委員若干名
◎ゲスト:絵本塾出版会長 尾下千秋氏
◎定 員:6名/オーバーの際は選考
◎内 容中学年向け読み物の企画を、絵本塾出版の尾下氏に提案し、その場で直接意見交換をします。優れた企画は、作品として執筆、検討を経て、絵本塾出版より単行本として出版。企画を立てる際の参考作品として、既刊本『れいとレイ ルック アット ザ ブライト サイト』『ライスボールとみそ蔵と』(どちらも絵本塾出版)があり、どちらもカルチャーギャップを扱っているが、グレードを参考にし、テーマは別のものがふさわしい。
◎参加費:事務通信費 1000円(事前振込)
◎募集期間:7月22日(金)〜8月12日(金)
◎参加条件:会員・研究会員
◎事前提出:企画意図・プロットをフォームに添付(タイトル、企画意図200字、プロットを800文字以内で提出)
◎備  考:なし


●001「創作おしゃべりサロン」オンライン
◎日 時:2022年8月19日(金)20:00〜
◎ホスト:サロン委員全員(山本省三、光丘真理、間部香代、深山さくら、宮下恵茉、萩原弓佳)
◎定 員:6名/オーバーの際は抽選・調整
◎内 容:創作の悩み、素朴な疑問、聞いてほしい話など、なんでもありの座談会です。
◎参加費:事務通信費 1000円(事前振込)
◎募集期間:7月11日(月)〜7月20日(水)
◎参加条件:会員・研究会員
◎事前提出:なし
◎備  考:なし


 
送信ボタンを押したあと「確認画面」になります。確認後に再度「送信する」を押してください。

画家と作家による、1日限りの特別なひととき。普段は長い読み物を書いている方も大歓迎です。いつもとは違うジャンルや作風にチャレンジしたり、長年眠らせておいたアイデアをぶつけてみたり、楽しみ方は人それぞれ。交流会の時間もたっぷりありますから、ぜひ人脈も広げてください。皆さまのエントリーをお待ちしています。
◎参加は、正会員・研究会員に限ります。
◎応募期間は、6/27日(月)〜7/4日(月)です。

 
送信ボタンを押したあと「確認画面」になります。確認後に再度「送信する」を押してください。

送信ボタンを押したあと「確認画面」になります。確認後に再度「送信する」を押してください。

こちらのフォームまたは、salon.jidoubungei@gmail.comまでご連絡ください。
会員のほか、編集者の皆さま及び児童書関係者の皆さまも、お気軽にお問い合わせください。
 
送信ボタンを押したあと「確認画面」になります。確認後に再度「送信する」を押してください。

まだありません。

   

   

▶▶▶
タイトルを
クリックすると
開閉します
 
 
編集者及び
児童書関連の皆様
サロン委員会では、児童書に関するサロンを積極的に開催していきます。一緒にやりたい!という案件やお気持ちがありましたら、お問い合わせフォームか下記アドレスに、ぜひご連絡ください。
salon.jidoubungei
@gmail.com