協会からのお知らせ

 


日付が赤…トップページに掲載、青…非掲載

今回もたくさんのご応募をありがとうございました。その中から6編が各賞に選ばれました。受賞作がどんな絵本に仕上がるのかとても楽しみです。

選考委員長 山本省三
 

◎グランプリ
「きょうりゅうかいぞくだん」
 岩野聖一郎
賞金15万円(初版印税充当)・賞状
◇作品は絵本塾出版より単行本の絵本として出版されます。
絵本塾出版のホームページはこちら
 
◎優秀賞
「みけんのブルル」
 山本佳代子
賞金5万円・賞状
 
◎審査員特別賞
「お代はメザシ三びき」
 山崎こうせい
賞状
 
◎佳作
一席「ランドセル なにいれる?」
   やまねもりこ
二席「うらめしや〜?」
   おぜきはるか
三席「ぼくは かおのでかい ねこ」
   江島雪
賞状
 
受賞者の皆さま、おめでとうございます。
*発表は「児童文芸」夏号にも掲載されます。
*選考経過、最終選考作品は「児童文芸」秋号、およびホームページにも掲載となります。
*授賞式につきましては後日ご連絡を差し上げます。 

 
絵本テキストグランプリ委員会
 

当協会が後援を務める「日本新薬こども文学賞」の第14回受賞作が発表されました。各部門の最優秀賞、優秀賞作品は、以下の通りです。
おめでとうございます!
物語部門 大人の部 優秀賞を受賞された岩崎まさえさんは、当協会の会員です。
受賞の言葉をいただきましたので、ぜひご覧ください。
 
【物語部門】
最優秀賞
『ゆうちゃんのノート』藤田 陽一
こどもの部 優秀賞
『銭湯男子』坪山 朋來
大人の部 優秀賞
『きょうはあかまる』岩崎 まさえ
☆岩崎まさえさん受賞の言葉☆
幼年童話は難しい。
書いても対象年齢の子どもたちに対して、内容がむずかしいと言われてきた。
だから、今回の日本新薬こども文学賞優秀賞はうれしかった。
奇跡が起こったと思った。
この奇跡を起こしてくれたのは、東北の仲間たち。
童話塾in東北の合評会で、もみくちゃになった作品だった。
押し入れに閉じ込めたまま、埃をかぶっていた。
『児童文芸』誌上の「奮ってご応募ください」の言葉に、作品を引っ張り出した。長い間、眠らせていたのが良かったのだろう。
欠点がよく見えた。十枚を六枚に書き直して、応募した。
もちろん、結果を真っ先に報告したのは東北の仲間たち。
みなさま、ありがとうございました。
 
【絵画部門】
最優秀賞
『I want to see a rainbow. Just once.』やぎ ひさこ
こどもの部 優秀賞
『すてきなうたごえだね』河畑 杏音
大人の部 優秀賞
『ワニパンツ』わび みよ
 
詳細はこちらのサイトに掲載されています。
 
未来を担うこどもたち一人ひとりが夢や希望を持ち、健やかに成長してほしい。
日本新薬は、そんな願いを込めて2009年に「日本新薬こども文学賞」を創設しました。

「日本新薬こども文学賞」では、日本児童文芸家協会の後援を受けて、物語と絵画の2部門で広く作品を募集し、選ばれた両部門の最優秀作品で絵本を制作します。制作した2万冊の絵本は、全国の医療機関や図書館等の公共施設を通じてこどもたちのもとへ届けられているほか、ホームページでも読み聞かせの音声付きで紹介しており、多くのみなさまにご覧いただいています。
 
公式サイトはこちらから

日本新薬こども文学賞委員会
協会のSNSが本格始動し、会員の本や協会の本、協会のお知らせなどを発信しています。
本を出してもなかなか売れないといわれるなかで、3つのSNSで本を宣伝するということは、1冊につき3人の営業マンがつくのと同じです。新刊を中心にアップをしていきますので、アカウントをお持ちの方は、ぜひ協会をフォローして「いいね!」をお願いします。
アカウントのない人の本も、アカウントのある人が盛り上げる。ひとりじゃない、仲間がいる。そんな協会の強みを発揮できたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
 
アカウントはすべて「日本児童文芸家協会」です。
↓クリックするとリンクします
Twitter 

Facebook
Instagram

広報委員会
 
当協会が刊行している人気シリーズ『謎解きホームルーム』。
読者のお子さんから届いた「ミステリーをつくる上で大事なこと」に関する質問に、山本省三理事長が回答しています。
ぜひご覧ください。 こちらから
刊行委員会
 
 
 
 
当協会の季刊誌「児童文芸」が、この春より季刊誌として大幅リニューアルしました。
編集委員会の石川委員長にメッセージをいただきました。
コロナ・貧困・いじめなどと向き合いながら、今を生き抜く子どもたちの未来予想図が、光あふれるものでありますように……。季刊化リニューアル春号は、そんな想いをこめて編集しました。紙質や文字の書体、スペースのあるレイアウトなど、細部までこだわりました。篠崎三朗先生とあまんきみこ先生の不思議な巡り合わせが、物語のある表紙絵に。カラーページから季節の風・音・匂いを、それぞれのコーナーから、子ども達と児童文学の可能性を感じていただけたら幸いです。」
 
編集委員紹介
委員長:石川千穗子  副委員長:北川チハル
委員:新井悦子 かとうけいこ
<協力委員>
宇佐美敬子 江森葉子 鬼村テコ おしのともこ かわすみじゅんこ きくちさちこ 楠木しげお すぎもとれいこ 常田メロン 七ツ樹七香 原山ゆうこ 藤岡希美 望月芳子 もりなつこ やまさきじゅんよ 結城紀子
 
発売元:あるまじろ書房
リニューアルに際して、あるまじろ書房さんには多大なるご協力をいただきました。ここにお礼申し上げます。
雪国・新潟にて丁寧な本づくりをされています。ぜひホームページをご覧ください。
 
 
第46回 日本児童文芸家協会賞

『聞かせて、おじいちゃん
   原爆の語り部・森政忠雄さんの決意
 横田明子(国土社)

 
第51回 児童文芸新人賞

『カイトとルソンの海』
 土屋千鶴(小学館)


『カメくんとイモリくん 小雨ぼっこ』
 いけだけい(偕成社)

 
第61回児童文化功労賞
 
 村松定史氏
    [児童文学翻訳家・評論家]
 
 
*受賞の言葉、選考委員、選考過程については こちらのページご覧ください。
 
第46回 日本児童文芸家協会賞

『聞かせて、おじいちゃん
   原爆の語り部・森政忠雄さんの決意
 横田明子(国土社)
 

第51回 児童文芸新人賞


『カイトとルソンの海』
 土屋千鶴(小学館)
 

『カメくんとイモリくん 小雨ぼっこ』
 いけだけい(偕成社)
 

第61回児童文化功労賞

村松定史氏
[児童文学翻訳家・評論家]
 
*受賞の言葉、選考委員、選考過程についてはこちらのページをご覧ください。

本年度の総会・各賞贈呈式につきましては、以下の通り開催いたします。

【贈呈式】
5月20日(金)17:30〜 日本出版クラブにて
【総 会】
5月22日(日)14:00〜 ZOOMにて
詳細を記した案内状は、4月下旬に郵送します。
贈呈式は、新型コロナの感染状況によっては変更になる場合があります。予めご承知ください。

総務委員会
 
 当協会は昨年、多くの事業を休止しました。長年続けたことで積み重なった課題を見直し、時代に合った内容に切り替えるとともに、会員がより積極的に活動できるようにする。作家の団体として初心に立ち返り、「創作」や「出版」につながる事業に重きを置く。そう舵を切ることにしたためです。
 そのひとつとして、新たに「サロン委員会」を立ち上げました。これは、会員のスキルアップと出版のきっかけ作りを目的に、有意義な出会いや対話を「サロン」というかたちで実現するものです。作家と編集者、作家と作品と編集者、作家と画家、作家同士…。創作ジャンル、実績、興味対象といった切り口で、対面またはオンラインのサロンを開催し、情報交換や人脈拡大などを図ります。サロンは委員会が開催するだけでなく、会員が企画・開催できる仕組みもつくります。
 また、講座や刊行においても、会員が講座を立ち上げたり、協会から刊行する本を企画したり、それを委員会がフォローすることで実現する仕組みをつくります。もちろん必要と思われる講座や刊行については、委員会自らも企画しますが、これまでと違い、会員の意欲をかたちにできる体制を整えます。
 会員の新刊の宣伝にも、これまで以上に力を入れていきます。協会ホームページに新刊を掲載するのはもちろんのこと、この春より、Twitter、Facebook、Instagramの3種のSNSでも紹介していきます。
 
 一人ひとりの作家が、創作と出版の可能性を広げることができる団体へ。会員の皆さんにはその一員として、そして編集者をはじめ関係各社の皆様にも、日本児童文芸家協会を大いに活用いただけましたら幸いです。
 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
 
日本児童文芸家協会
 
第4巻の書籍版が3月18日(金)に発売されました。今回は【謎解き×ミステリー】がテーマ。
詳細は、 特集ページでご覧ください。
 
 

より見やすく、より役立つ情報を発信するために、ホームページをリニューアルしました。

是非、ときどきチェックしてください。
 
また、この春よりSNSも強化します。Twitter、Facebook、Instagramで、会員の新刊を宣伝し、協会からのお知らせも発信します。アカウントをお持ちの方は、ぜひフォローをお願いいたします。
本格始動をしましたら、改めてお知らせします。

広報委員会
 
2019年度に刊行委員会が企画したデビュー応援企画「800 字童話」から、あべみちこさん作「みーんな ふくはうち」が「ジュニアメイト2月号」(株式会社メイト)に掲載されました!
 
 


 
○あべみちこさんから一言、いただきました。
「このたびは素晴らしい機会をいただきまして、ありがとうございました。お陰さまで編集者の方からたくさんのアドバイスを頂戴しながら、一編の童話を、リズミカルで楽しく、あたたかな保育絵本に仕上げることができました。年少さんの目線や気持ちに寄り添うことの大切さを、また、どうすれば寄り添えるかなど、本当に多くのことを学ばせていただきました。この楽しく貴重な経験を糧に、より一層精進してまいります。」

あべさん、次の作品に向かってがんばってくださいね!
刊行委員会 すとうあさえ
 
事務局の営業は引き続き、月・水・金の10:00〜12:00、13:00〜17:00となります。
メールのお問い合わせへの対応も、営業時間内の業務とさせていただきます。
総務委員会